不倫調査で重要となる不貞行為の回数

不倫調査 不貞行為の回数

不倫と認められるものは、夫や妻がいながらにして、別の男性や女性と複数回にわたって性行為をするものをいいます。つまり、いくらキスをしようが、メールをしようが、手をつなごうが、二人だけでレストランで食事をしようが、複数回性行為をしなければ、不倫とは認められないのです。
同じ相手と、複数回性行為をもつことが不倫であるとみとめられているため、毎回相手をかえて1度だけの不貞行為をしている場合には、不倫と認められる可能性は低いです。
逆に、同じ相手だとしても、不貞行為が1回以下であれば、一度の過ちとみなされ、離婚や慰謝料の請求をすることが難しくなります。そのため、不倫調査では複数回にわたる性行為が認められるような状況の証拠をつかむ必要があります。
不倫調査では、ホテルへの出入りの写真や一人暮らしをしている場合、その部屋に出入りしている様子を複数回にわたって証拠としておさえます。それによって、不倫と認められます。

原一探偵事務所

不倫調査なら原一探偵事務所
浮気調査・家出所在調査で有名、原一探偵事務所をおすすめします。
全国5カ所を拠点に抜群のスピード力などに定評があります。内閣総理大臣認可法人、CII世界探偵社協会 MemberID NoM654、原一探偵事務所。

不倫調査なら原一探偵事務所

プライバシーポリシー・運営者情報/サイトマップ

Copyright© 2013 不倫調査 探偵・興信所比較@不倫・浮気調査解決 Tokyo All Rights Reserved.